Grandfather clocks

Grandmothersclocks.com

03.03.13

それ祖父クロックまたは電話で祖母クロック 1-800-4CLOCKS.com、で...、まだ多くの場合、彼らは、囲まれたフロアクロック運動と体重駆動型と同一の自立階時計になると、スイング振り子を持っていること我々は通常、単純に基づいた祖母クロックとおじいさんの時計を区別高さより約80〜82インチ、我々は一般的には(常にではないが)長期おじいさんの時計、および高さで、以下の80〜82インチであるそれらlongcaseクロックを我々は一般的に(そして、再び常にではない)という用語は、祖母の時計。 つまり、振り子時計と祖母クロック間の単純な違いである。 それは、我々はまた、考慮に入れ、他の要因を取り、多くの時計の専門家は、この定義に同意しないことだろうに注意することが重要である。 しかし、それはgrandmothersclocksとの違いに関する議論のこの種である振り子時計についての振り子時計と祖母だけでなく、時計業界や時計学の専門家は合理的に同意する、またはどちらも反対しない、またはすることに同意することができ、ダイナミックで進化し続けるフィールドを作るクロックの定義だけでなく、新しいとアンティーク振り子時計、アンティーク祖母の時計、アンティーク壁時計、アンティークマントルクロックを取り巻くトピックの数十を含む他の多くの側面。 実際には、マントルクロックに、合理的にこれらはマントルクロックまたはマントルクロックと呼ば​​れるべきかどうかの周りに活発な議論があるかもしれません。 過度に単純化区別は1が新規またはアンティークマントルクロックかどうかを、ヨーロッパ人は一般的にマントルクロックとアメリカ人は一般的にマントルピースの時計を好む好むヨーロッパや北米、内にあるかどうかだろう。

ハワード·ミラークロックなどの設立ハイエンドのクロックメーカーは巧みに、彼らは床時計として販売するすべての最大のクロックを参照して議論を避けてきたので、疑問があっても起動したことがない、または少なくともハワードミラーのマーケティング資料を見ることで、応答される。 リッジウェイの振り子時計とリッジウェイ祖母クロックはまたリッジウェイクロックと同じ疑わしい区別がまたリッジウェイフロアクロックとしてそれらのクロックを参照することを避ける。 ハームレ時計だけフロア時計としてそれらすべてを広告することにより、振り子時計と祖母の時計を販売した。 ごく最近、昨年ほどで、ハームレクロックは、彼らのフロアクロックを項にすべての振り子時計を開始した彼らのクロックの顧客にそれを残して、彼らはそのように選択した任意の区別を行うことハームレ時計ディーラーを認定。 彼らの最大のクロックのすべてが1-800-4CLOCKS.comで私たちのように、彼らの正規代理店がない限りKieninger階時計と命名されているとKieninger時計はまた、ハワード·ミラーと同様の方法を踏襲している、宣伝と店舗内特定のモデルをポイントすることを選択するKieningerの振り子時計とKieninger祖母クロックとして。 すべての共同所有されているハワード·ミラー時計、Kieningerクロック、リッジウェイクロック間の所有権を考えると、ハワード·ミラーの祖父の時計は、リッジウェイクロックおよびリッジウェイフロアクロックとしてKieninger時計、ハワード·ミラーフロアクロックおよびKieningerによって同様に説明する可能性があることをひどく驚くべきことではないフロア時計。

祖母の時計は、一般的に振り子時計に類似または同一の機械時計の動きを持つことになります。 振り子時計と祖母の時計はまた、典型的には、同じクロックがウェストミンスターチャイムが最も頻繁にもウィッティントンチャイム、セントマイケルズチャイムを含む最も人気のある、トリプルチャイム振り子時計であることと、チャイムがあります。 時にはトリプルチャイムフロアクロックが代わりに第二または第三チャイムオプションとして、喜びにベートーヴェンアヴェ·マリアやSchubertsオードが含まれる場合があります。 これらには、ケーブル駆動の振り子時計、ケーブル駆動の祖母クロックにほとんど常に必ずある。 チェーン駆動の振り子時計とチェーン駆動の祖母の時計は、一般的に、単一のチャイム、ほとんど常にウェストミンスターチャイムを持つことになりますし、また一般的に「鐘と笛」機能や自動夜間遮断のような祖父クロックのエキストラやオプションと見なされるかもしれないものの少ないを持つことになります、ムーンフェイズダイヤル、および点灯キャビネットを回転させ、祖父の時計ダイヤルを照らさ。

今実際に祖母の時計であることが、高さが80〜82インチにわたり一定のフロアクロックを分類するために私たちを導くであろういくつかのユニークな祖母クロックのデザインがありますが、その答えは絶対にイエスです。 これらは、基本的なフレーミングクロック分類要素として祖母クロック設計を含むであろう。 と言われたので、80〜82インチ以下の一定のフロアクロックは、彼らは私たちがより良いと呼ばれる振り子時計かもしれないと思うだろうデザインでもあります。 これはアンティーク振り子時計やアンティーク祖母の時計では特に顕著です。 我々はできるか合理的にどちらかと呼ばれるように考慮されるべきであるかの両方思うフロアクロックまたはトールケースクロックである祖母の時計と振り子時計は? 答えはイエス、すでに上記で強調並列ロジック上の理由から明確である。

1-800-4CLOCKSで、我々は™導入していることを誇りに思って(及び商標)数年前にも孫の時計だった。 この時計のブログのような多くの読者は間違いなく知っている、孫娘の時計は、何世紀にも使用されてきましたし、時計や時計の語彙の一部となっている。 最も簡単に言えば、彼らは祖母クロックと振り子時計よりもはるかに短いです。 私たちは期待と孫クロックが一日として広く知られており、使用中のクロックの定義と用語がとして広くなることを願っています。

また1-800-4CLOCKSで振り子時計と祖母クロックの作成別々のカテゴリを有することによって、比較的簡単にできるように比較的短い祖母クロックのショッピングまたは比較的背の高い振り子時計を作るために努力をする。 一方では、これが最初に彼らは2つのカテゴリーの下で同じクロックを参照してください私たちの時計のいくつかは、その顧客のショッピング混乱しながら、顧客はすぐに、これは別の名前で同じクロックを呼び出すよりもはるかに簡単であることを認識。 各画像の下に次の2のリンクにアクセスして、自分自身を参照してください:

祖父時計オンラインストア

02.25.13

オンラインVSレンガとモルタルおじいさんの時計店祖父の時計店 Sは振り子時計の、だけでなく、ハワード·ミラーなどの最高のエンドクロックメーカーの壁のコックとマントルクロックだけでなく、多くの買い物客のために必要かつ現実的な選択肢のますますなってきている時計、リッジウェイ時計会社、ハームレ時計、Kieninger時計、アメリカーナ時計と、より多くの。

だけでなく、実際のクロック店はまだ先細りうまくいけば品種死んでされていません-で我々 1-800-4CLOCKS.comはしない経済的な理由ではなく、単にため、既存のスペースに時代の変化やニーズの我々のニューヨークグランドセントラル駅時計ストアの場所を閉じることを余儀なくされた、特に一つまたは複数のホーム店舗の場所に加えて、Webベースの存在感を持っている私たちのような我々に似て企業からのより多くの競争で、利用できる手頃な価格の同等の小売スペースの不足。

課題は、同時に私たちのより多くの地元の地理的な市場のために私たちの小売店の存在感を維持しながら、インターネットへホームストアのショッピング体験の多くをもたらすための試みをしようとしてきました。 顧客はいくつかのハイエンド·ハワード·ミラーの振り子時計の1またはリッジウェイの祖父クロックまたはハームレ階時計のいずれかを検討しているときは、実際の祖父クロックモデル1が購入を検討されて見て、聞いて、触れてたい自然な傾斜があります。 同時に、皮肉なことに、私たちも、それらの販売に振り子時計を探している方や、割引振り子時計が頻繁に異なる種類の本物の教育の必要性に最もている同じ人々である、おじいさんの時計の買い物客の良い割合がわかり振り子時計、主要なクロックのブランドで、どれが離れてすべてのコストでから滞在し、個々の祖父クロックメーカー内の違いには、おじいさんの時計運動の種類、現代の振り子時計VS伝統的な振り子時計から分離し、また、さまざまな機能シングルチャイムウェストミンスターチャイム、および主にウィッティントンと聖ミカエルチャイムを含むトリプルチャイムの振り子時計、が、時にはも喜びとSchubertsアヴェ·マリアの歌をベートーヴェン。 おじいさんの時計、マントルクロック、ケーブル駆動の動きとチェーン駆動の動きVS管状のチャイムの祖父の時計ムーブメントを含む壁時計の動きの違い、さらには石英やバッテリーは、今日すべてのクロックタイプで使用されている動きを操作することもあります。

そうするために祖父クロック買い物客は何ですか? 幸いなことに、研究とあなたの夢の祖父クロックまたはマントルクロックまたは壁時計を見つける注意深い吟味といくつかの方法、で正直にシンプルかつ両方に答えることがあるでしょう信頼できるインターネットサイトや信頼できる知識の個人とはるかに容易に行うことがいやそれはハワード·ミラー、ハームレ、Kieninger、リッジウェイまたは別の、とおじいさんの時計、祖母クロック、マントルクロック、ギャラリーの壁時計、原子時計かどうかであるかどうか、任意のクロックの購入についてのより複雑な質問、。 ノベルティ時計、特にアンティーク時計やアンティーク振り子時計、私たちの名物の一つ。

彼らは小学校とクロック学校で言っていたように私たちに、本当に愚かなクロック質問のようなものは存在しない、それは私たちのDNAとで、可能な限り、有益で患者であることを試みるために私たちと一緒に働くすべての人にあり彼らは私たちからの購入に終わるかどうかを任意およびすべての見込み顧客、。 年間の当社の方針は、これまでにクロック販売手数料ベースで動作するようになっている、と私たちは時折我々は、彼らが我々は、別の販売店で、あるいはから議論している時計を購入したほうが良いていると思うどのような理由のためにそれらを伝えるときに我々は、いくつかのびっくり仰天したような顧客を見つける別の個人。 もちろん、クロックビジネスに滞在するお金を稼ぐために必要がある、まだ我々はまた、クロックの愛の両方によって駆動され、お客様の目には、同じクロックの愛を見て、クロックやクロック意志最も助けを借りて、それらを支援している彼らに彼らのスペースや愛する人のことをより特別なものにする。

だから、振り子時計は、オンラインまたはレンガとモルタルクロックショッピングは、または両方のいくつかは、我々は、クロックの顧客に彼らが彼ら、彼らの家族や他のギフトの受信者の最善の決断を下すために必要なすべてのツールを与えるために努力しています。 私たちのお気に入りの電話の一つは、売却または非売却が出てプレーする2~3ヶ月かかっても、取得するために呼び出して、私は祖父の時計をしたいと思うが、私は実際にそれらについて何も知らないということです。 どのようなあなたは私を伝えることができますか? 私たちも、アリストテレスは同じくらい我々がそうであるように、これらのクロックの議論を楽しんできましたと思います。 おそらく、両方が作業して再利用可能な構築するために自分の人生の目標の一つとして持っているこの記事の作家の子どもたち、の1 タイムマシンは 、このクロックの理論と仮説をテストすることが可能になります。

ハワード·ミラーJHミラーIIの祖父の時計

ハワード·ミラークロックでモデル611から031 611031限定版管状のチャイムハワード·ミラー時計

祖父時計カタログ

02.23.13

の長年の大手小売業者としては振り子時計 、私たちはしばしば私たちのために要求されますおじいさんの時計カタログ これは、記憶に残るフリーダイヤル番号を持つ祖父クロックカタログの小売業者などのダイレクトマーケティングにおける当社のルーツで特に顕著です。 もちろん、我々は常に販売され、壁時計、マントル時計、鳩時計、祖母の時計、原子時計、アンティーク振り子時計、および懐中時計といくつかの素晴らしいアンティーク祖母の時計、規制当局、コングリーヴクロック、傾斜面を含むあらゆる種類のアンティーク時計機能を備えていますクロック、オートマトン、スターリングシルバー日時計·コンパスの組み合わせとはるかに。

経験豊富なオークションハウスが知っているようにアンティーク時計は常に、カタログに市場に特別な課題を提示。 販売のためのアンティークの時計や腕時計のひとつは、そのように固定価格でこれらの時計を一覧表示することは、多くの頭痛を作成することができ、ほとんど常にあります。 しかし同時に、Sothebysにクリスティーズのオークションからオンラインとオフのオークションの現在表示されてユビキタス存在にもかかわらず、多くの買い手と売り手は1つが細かいアンティーク時計と時計に見つけるだろう多くのように、古い固定価格アンティーク市場モデルを好むお店。

このブログの記事の多くの読者は、50と世代を超えては、ある程度古いに覚えているでしょうシアーズとローバックカタログ文字通りそれが始まったカタログ、ダイレクトマーケティングの革命のための標準を設定し、。 オリジナルのシアーズカタログの別刷がしたようにさえカタログ自体は、コレクターのアイテムとなりました。

しかし、今後、意味、今日、そしてウェブと1-800-4CLOCKS.comのような個々のウェブサイトへの百早送り年には、選択した近代的日間のカタログとして引き継がれてきた。 新しい祖父クロックとウォールクロックコレクションを毎日添加することができる。 バックオーダーに祖母クロックは顧客を失望させないようにバックオーダーに祖母の時計は、次のような注目できる。 完全な新ラインおよびブランドは一日で添加することができる。 祖父クロックの買い物客や販売上の壁時計の割引やマントルクロックを探して、それらは、彼らが販売のためのウェブサイトで見るものは絶対的に在庫があることを期待するように、顧客のショッピング体験についての消費者の期待は、屋根を介して行っている。

そのようなハワード·ミラー時計、リッジウェイの祖父時計コレクション、Kieninger時計、およびハームレフロアクロックなどの祖父時計メーカーは、より現在の在庫データを提供する約今までよりもずっと優れています。 しかし同時に、このおじいさんの時計、壁時計やマントルクロックデータはリアルタイムではありません。 そして、Kieningerの振り子時計と壁時計やマントルクロック、ハームレの祖父クロックおよびマンテルと壁時計などのハームレクロックモデル、の一部を含むいくつかの時計は、2-4月のリードタイムを持つことができ、一般的にはプリペイドのカスタムオーダーを考えられている。 これは昔ながらのダイレクトマーケティングカタログに、さらには私たちが1-800-4CLOCKSで持っているもののような偉大なウェブサイトのいずれかで通信することは困難である。

1908 Sears Roebuck Catalog Sold Clocks and Watches

1908シアーズローバック·カタログ販売振り子時計と時計

良いニュースは、インターネットの出現で、私たちは前にも20年前には想像もしなかった両方の選択と貯蓄を提供することができますということです。 より多くの選択肢、最高の振り子時計に高い割引、より良い各クロックの画像、および特定のクロックチャイムを聞き、すべて本当におじいさんの時計ギャラリーショッピング体験を再作成することができますスーパーサイズの画像を提供するにも能力。 トレードオフは、レンガとモルタル型店舗、私たちのより少ない多くは特に新しいと競合技術として、存続していることである振り子時計と壁時計に以前に費やされていたのと同じショッピングドルのいくつかのために競っている。 だけでなく、1はほとんどすべてのパソコンやMacBook上で、だけでなく、iPhoneやサムスンギャラクシーを含むその他のモバイルデバイス上で現在の時刻を見ることができます。

祖父クロックまたは壁時計やマントルクロックの旧世界の魅力と競合するものは、新規またはアンティーク時計かどうか、存在しない、と言われています。 おじいさんの時計は、本当に家のハートビートです。

祖父時計ブログ

02.11.13

それで、あなたは祖父の時計の世界についてのブログを開始したいとしており、これら振り子時計もフロア時計、ホールクロック自立時計、Longcase時計、トールケース時計などの名前で知られていると私たちは確信している同様にして、ここでいくつかの名前を残す。 今、この偉大な新しいブログは祖父時計ブログ呼ばれるべき、またはそれは祖母の時計ブログ、フロア時計のブログ、または多分祖父時計ブログを呼び出す必要があります。

さて、数年前1-800-4CLOCKS.comで、我々はこの非常に正確なジレンマに直面していました。 私たちは一緒に行くことにしました祖父時計ブログ 、およびこの非常にウェブサイトで、インターネット上で見つけた。 しかし、同時期に、私たちは巧みに、私たち自身がそう言うなら、GrandfatherClockBlog.comドメインを予約し、場合には、代わりにそれを使用することを決めた、またはそれに加えて何らかの方法で。 だから我々は、今日のようにGrandfatherClockBlogドットコムは今も訪問して見つけることができるというニュースを報告して喜んでいるwww.grandfatherclockblog.comを あなたも、時計のブログのベスト、そして最新のと同様に、祖父時計Blofのハイライトの私たちのベストを見ることができ1-800-4CLOCKSすべてのウェブサイト上の1-800-4CLOCKSホームページの下部とす ​​べてのページから、ブログのハイライト。

祖父時計ブログ、および祖父時計のブログでは、我々はあなたに振り子時計の所有権のすべての側面とそれに先行する祖父クロックの購入についての最もよい情報を持って来ることを目指してまいります。 私たちは、アンティーク振り子時計に焦点を当てるだけでなく、スライの祖父時計、セス·トーマスの振り子時計、トレンドとパール振り子時計、と数年前に生産を中止しても、ブローバの振り子時計のようなヴィンテージ振り子時計、オンになっていない。

我々はまた、最高の振り子時計のブランドを見て、内およびおじいさんの時計メーカーとの間で、自分の祖父のクロックラインのスタイル、動き、機能、および他の長所と短所を比較する。 最も顕著である注目のハワード·ミラーの振り子時計 、Kieningerの振り子時計、ハームレの振り子時計、アメリカーナ祖母と祖父時計、リッジウェイ時計、そしてもちろんKieningerの振り子時計のを。

我々はまた、アンティーク振り子時計やアンティーク祖母クロックを販売し、サービス。

私たちは、現代の振り子時計VS伝統を見て、私たちは機械的なおじいさんの時計の動きを見て、チェーン駆動の機械式ムーブメント、ケーブル駆動の機械式ムーブメント、石英や電池駆動機械式ムーブメント、とさえ管状のチャイムおじいさんの時計の動きを比較する。 私たちは祖父クロックケースとそれらの建設や部品やスタイルを見て、我​​々はまた、ウェストミンスターチャイム、シューベルトのアヴェ·マリアや喜びにベートーベンのオード、またはのいずれかを含むことができるトリプルチャイムの動き、を含む、機械的なおじいさんの時計の動きを見てないだけでなく、ウェストミンスター、ウィッティントン、セントマイケルズのより伝統的なトリプルチャイムの組み合わせはチャイム。

スプリット·ペディメントを含むおじいさんの時計ケースのスタイルも、頻繁にボンネット上部の振り子時計に比べ、白鳥の首のペディメントとして知られており、当然の長方形の最上部、しないように言及し、多くの現代の祖父クロックモデルオプション。

また、各種クロックモデルに提供される機能を見て、自動夜間の遮断、照らさダイヤル、照らさキャビネット、チャイムなど、さまざまなおじいさんの時計オプション、のために費やしたお金の価値に、独自の判断基準や欲望に基づいて、あなたをアドバイスすることができます-silenceオプション、ウェストミンスターチャイムを持つ通常、ムーンフェイズダイヤル、単一のチャイムの振り子時計を回転VSチェーン駆動、フェイク対ケーブル、対トリプルチャイムモデル、および他の多くの側面。

知識の豊富な顧客は、我々は常に彼らが望むまたはその助けを必要とした場合、顧客になる助けるために喜んでいるものです。

Tribute of Treasures

02.07.13

This year's Antiques and Garden Show of Nashville honors the legendary interior designer Albert Hadley

Precious Metals

02.05.13

Renowned Italian jewelry designer Lucia Odescalchi opens a stylish new showroom in Milan

Kieningerの祖父の時計

01.29.13

おじいさんの時計メーカーを比較すると、 Kieningerの振り子時計は、多くのハイエンドおじいさんの時計の買い物客の心の中にデザインと全体的な品質のために上に出てくる。 Kieninger時計はハワード·ミラーは約8年前にKieninger時計を買っていても、独立してハワード·ミラー時計の実行されます。 Kieninger Clcoksは、ハームレ時計と一緒に、任意の高量の祖父クロックの動きを作る今日の世界に残って最後の2ハイエンド祖父クロックムーブメントメーカー残る。 さらに、ハームレ両クロックとKieninger時計も振り子時計、マントル時計、壁時計、より独自のラインを提供しています。 Kieningerは、私たちの経験でははるかに良いで知られている西欧それは確かに今日の周りに最高級の機械的なおじいさんの時計、壁時計やマントルクロックメーカーの一つですが、それは米国であるより。

どちらもハームレとKieninger作ると、ブローバの振り子時計を、機械的な壁、おじいさんの時計、祖母クロック、および他のメーカーへのマントルクロックの動きを含め、クロックの動きを、販売して年間で含むことに加えて、時計の独自のブランドを提供するハワード·ミラーの祖父時計 、スライの振り子時計、リッジウェイの振り子時計、アメリカーナ振り子時計など。 時々クロック·バイ·クロックごとに検討する必要があることが、提供され動きが、一般的に言えば、私たちの意見では、品質ではかなり匹敵している。 どちらも、ウェストミンスター、ウィッティントン、アヴェマリア、喜び、セント·マイケルズとビムバムチャイムの歌など、チャイムとの機械的な動きを提供します。 The movements with either brand, for grandfather clocks, can be cable-driven or chain-driven, have an automatic night silence feature or not, be time only or time and strike, or single chime, usually the Westminster, or triple-chime clocks. The clocks may have a working moondial, a faux or fake moonphase dial, or none at all. A chime silence option is offered on most all, but not all, grandfather clocks, wall clocks, grandmother clocks and mantel clocks movements made by each of Kieninger and Hermle.

Kieninger has been around for almost 100 years, so some of their earliest clocks, including early floor clocks by Kieninger, can be considered antique grandfather clocks and antique grandmother clocks.

Kieninger時計の一つ珍しいの側面は、ほぼすべての彼らのモデルのは、アメリカの1-800-4CLOCKSのような正規Kieningerディーラーで配置で注文後、ドイツでご注文するために行われるということです。 注文が置かれたとき、それが実際に配信されるまでのリードタイムは、一般に、2〜3ヶ月である。 すべての注文は、カスタムと注文が配置されるとは、キャンセルすることはできませんされていると考えられている。 顧客が特定の時計に興味を表現する際に一般的には、正規代理店は、その点で、任意のタイミングの問題が存在する可能性がある場合は、すべての構成部品が使用可能であることを確認し、アドバイスするドイツのKieningerに確認する必要があります。

少し難しい、時間がかかる鳴り、多くの忍耐が必要です。 Kieninger時計を購入してしまい、最終的には満足した顧客の数を考えると、待ち時間とコストは時間とお金の価値があるように見える。

In Stock Grandfather Clocks

01.09.13

One question we get fairly regularly from our grandfather clocks shoppers is: do you have the such-and-such model of the Howard Miller Grandfather Clock available , or the Ridgeway Grandfather Clocks or Hermle Floor Clock, so I can come in and see the actual clock model before I place my order. The grandfather clock reality is that it is highly unlikely that either we or any other Authorized Dealer for the major clock companies will have any specific grandfather clock model on display. While a few grandfather clock dealers around the country still stock large numbers of high-end grandfather clocks and grandmother clocks, the reality of grandfather clocks economics in recent decades is that there are fewer and fewer dealers both around in general, and of those that are still around, even fewer who may stock more than at most a handful of high-end grandfather clock models by any specific high-end maker.

For many years in our NYC Grand Central Station showroom, we typically at most would have 3-4 Howard Miller grandfather clocks on display at any one time. In our case, it is also importantly because we deal in and with antique clocks as well as new clocks, and from the very smallest miniature clocks to the largest tower clocks and street clocks in the world, doing service and having dome for many years most all of our clock repairs on-site as well. So when you add all of that up together, for any specific niche clock, eg an antique grandfather clock or a new mantel clock, the many categories and permutations mean there is that much less room for any specific clock category, much less any specific maker of grandfather clocks or floor clocks in this case.

Whenever we can, we find it makes the most sense to ship a factory fresh grandfather clock directly from the manufacturer's warehouse, assuming they are in fact in stock there. This is also true for higher end wall clocks and mantel locks. The reasoning is that if the grandfather clock, or the wall clock or mantle clock, ship only once, that minimizes the chance of any potential shipping damage, which is rare, but each time a clock ships the chance of shipping damage increases if not exponentially then still significantly. Additionally, the customers knows that he or she is getting a 100% brand new factory fresh grandfather clock, and that it is authentic, and that it is not a seconds or floor model or anything like that – we would never sell a Floor Model to a customer unless the customer were made explicitly aware that was the history of the item and that they were OK with it. Additionally, not well known, but important for all grandfather clock shoppers to know, is that some grandfather clock maker warranties include a calculation based on the actual date of manufacture, so that if, say, a clock was made more than 4 years ago, even if it were bought from an authorized dealer yesterday, the manufacturer's warranty would no longer be valid. We are always very upfront with our customers about this fact, so that there are no grandfather clocks warranty surprises for anyone.

Because we must pay State sales tax on any grandfather clocks we sell shipped to New York (not many are “carried out”), the vast majority of our sales are to individuals and organizations outside of New York State. Those grandfather clock customers, whom like any smart shopper nowadays is looking the grandfather clocks on sale and looking to maximize the discount grandfather clock possibilities, are the ones who frequently beat a path to our door.

Grandfather Clocks Factory Direct shipping on pallets Grandfather Clocks Factory Direct sometimes ship on pallets

News Clips Grandfather Clocks

12.03.12

At 1-800-4CLOCKS.com, where we offer the widest selection and savings on all kinds of new and antique grandfather clocks , wall clocks and mantel clocks, we are always on the lookout for any special news story featuring clocks of all types and sizes.

We were recently informed by a customer that some clocks, including a grandfather clock and wall clock, still partially intact, reached the shores of the western continental USA, and are thought to be from the earthquake and tsunami that devastated so much of Japan just a little over a year ago. While the mechanisms were mostly all gone and ruined, the grandfather clocks and wall clock cases themselves, while also effectively no longer of use for much of anything, still maintained their overall shape and grandfather clock construction and wall clock case design. These antique clocks effectively acted like a combination of ships and driftwood and different points in their journey. We have yet to see any actual news reports on this, but we are hopeful it may be covered by some of the major media outlets including television and newspapers that have recently done stories on debris washing up on different parts of Hawaii.

Given Japan's culture and rich history and reverence for antiquities, we know from first-hand experience that many Japanese citizens collect both many types of clocks, including mantle, wall and grandfather clocks , and also pocket watches and even sundials. We have sold many antique clocks to customers in Japan, and we have heard from many individuals who are looking to replace a cherished heirloom clock that may have been in their family for many generations, and they hope they can find one that is nearly identical in form and design if not the very same clock.

When natural disasters strike, including Hurricane Katrina and the more recent Hurricane Sandy, we tend to hear from good numbers of individuals who are looking perhaps not only for insurance claims, but also to replace a treasured item in their home with something that will be meaningful to them. While we most shy away from doing grandfather clock appraisals, and antique clock appraisals in general, because it can be such a murky area, we usually try to help these individuals to the extent we can. Sometimes we get great new customers for grandfather clocks that way, as well as those replacing mantel clocks and wall clocks, but we do it to try to keep the spirit of antique clocks collecting and grandfather clock ownership alive and hopefully thriving in our ever more modern society.

Grandfather clocks, much like a fireplace in Winter, were seen by many families as the gathering spot in the living room around which to congregate. Now that grandfather clocks and mantel clocks have more competition from televisions and computers, not to mention telephones, grandfather clocks are less the heartbeat of the home than they used to be.

We hope to keep the grandfather clock heartbeat tradition and ticking alive in homes around the world through good times and bad, through periods of vast technological progress (think atomic clocks), and with natural disasters that seem to be coming ever more frequently. But let us hope and cherish the safe time together.

Grandfather Clocks floating between Continents Reaches Shore

Page 3 of 7 1 2 3 4 5 ... Last »