Grandfather clocks

おじいさんの時計セール注目のサービス

06.17.14

祖父のクロックの販売を見つけることは簡単です。 ちょうど約どこでもオンラインを見て、あなたは、すぐに終了少なく、販売のため、販売のため、およびオンとの無料ギフト、最低価格、最も節約、および言葉の割引があります。

だから1-800-4CLOCKSの違いは何ですか? でよく販売のために祖父のクロックをリスト場所の90%以上、一つは、彼らがハワード·ミラーの祖父の時計、Kieningerの祖父のクロック、リッジウェイとハームレ祖父の時計の違いのように、特定の重要な質問に答える人を見つけることができないでしょう。 何それらの同じメーカーによって作られた祖父の時計ブランドが、異なるモデル間の違いだけでなく、約。 どこでも消費者を凝視すると、他の人とほぼ同じに見えるかもしれはるかに安価クロックになります。 彼らは両方の家宝質の祖父時計はありますか? チャイムの品質は、ブランドからブランドにも同じでしょうか? クロック単に最後の数世代、または自宅の旅行を作り、うまくいけば、それが実行して取得する幸運になります。 何祖母クロックと祖父のクロックの間の差のような質問についてはどうですか? 移動メーカーはどのくらい重要ですか? あなたは石英やバッテリー駆動おじいさんの時計の購入を検討すべきです。 何地球上の単一のチャイムウェストミンスターチャイムおじいさんの時計、トリプルチャイムおじいさんの時計、と何の違いは、筒状のチャイムおじいさんの時計である、と私は今まで1を考慮する必要がありますか? どのようなアンティークの祖父クロックとフロアクロックVS中古対新しいについて。 そして、これらの質問は、おそらく市場の感覚とおじいさんの時計の選択肢の長所と短所を取得しようとしている思いやりの祖父クロックの買い物客のためだけ始まりであろう。

だから、あなたと話をする意思がある、と祖父の時計について何かを知っている人を発見しました。 しかし、どのくらいですか? あなたが専門家と使用可能な両方である誰かに起こるない限り、人は非常に長い時間のための彼または彼女のホイールを回転さすることができました。 1-800-4CLOCKS差が​​再生するの出番です。 私たちは彼らの商品(と頻繁にいなくても、任意の取扱説明書)でドアをあなたを取得するために構築された「ジャンクブランド」に最後に構築現在のハイエンドの祖父クロックブランドから、すべてのメーカーが知っています。 我々は、ブランド間やブランドの中の違いを知っています。 当社の営業担当者は、手数料では動作しませんので、彼らはいつもあなたを取得し、うまくいけば、市場が通知され、長期的な顧客としてあなたを維持するための最良の助言を与えることを検討しています。 多くの情報に基づいた人は避けたい、といくつかのケースでは、最小限の目を大きく開いで行くだろうとそこにあります。 これは、現金を食べるマシンを購入するリスクがあまりにも本物ですヴィンテージの祖父の時計、と特にそうです。

私たちの店は、クロック、時計への情熱を持っている人々によって設立され、私たちは私たちで動作するように来るすべての人のものを探しました。 当社のルーツはアンティーク時計に実際にあるので、我々は、現在の選手があるだけでなく、歴史的なプレーヤーがあった人は、今日行われ機械フロアクロックを鳴るために持っている意味だけではなく人、祖父の時計の歴史、動きメーカーの歴史を知っています。 これは、マントルクロックと壁の時計にも当てはまります。

今日のハワード·ミラーとハーマンミラーを知っている、と我々はまた、90年前からハワード·ミラー時計を知っています。 私たちは、ほぼ100年前からハームレ祖父の時計を知っています。 私たちは、50〜100年前から、Kieningerの祖父クロックはもちろんのこと、リッジウェイの祖父クロックと祖母クロックを知っています。 また、スライの祖父時計、有名なセストーマスレギュレータと祖父の時計と壁のクロックとマントルクロック、およびブローバとアメリカーナ祖父クロックについて知っています。 プラス照らさダイヤルと自動夜間遮断、管状のチャイムのような機能の変更を含め、長年にわたって作られたティファニーの祖父の時計で時間をかけて追加されたすべての機能を投げる、我々は一致するように、関連する一口を共有するための情報の仮想宝庫を持っていますお客様のニーズ。 さらに、我々は常に、彼らが作業している内に、現実的な予算とのニーズや要望に合うように、私たちができる最善のように顧客をサポートしていく所存です。

私たちは驚きを目指して、詳細に例外サービスと注意を払って毎日お客様を喜ば。 そして、すべてのことで、どこでも、私たちはあなたに過ごした祖父のクロックお金のための最高の価値を与えるために懸命に働くだけでなく、まだ最高の祖父クロック販売価格は、利用可能なだけでなく。

祖父時計奉仕賞

祖父時計ウィーク

05.13.14

祖父の時計は、アメリカの歴史と生活のアメリカの方法の一部です。 したがって、この宣言によって、1-800-4CLOCKSは毎年5月12日に開始週は今、永遠に祖父時計ウィークとして知られなければならないことを宣言しました。

祖父の時計、もともと長い場合や背の高いケース時計として知られており、イギリスで半ば1600年代に発明され、彼らは最も初期の生産はペンシルベニア州、マサチューセッツ州、ニューヨークのような国で行われていると、いわゆる新世界への上に自分の道を作っているがボストン。 おそらく最も古い作られ、アンティークの祖父のクロックはペンシルベニア州から来た後に最も求められて。 このような初期のセス·トーマス時計祖父クロックおよびEハワードレギュレータなどの企業による他の後続波は、とりわけ、まだ非常にこの日にした後に求められています。

農家は1つの重要な機能が示された回転ムーンダイヤルであると、祖父のクロックの初期ユーザーの中にあった - と、まだ示して - すべての29 1/2日で満月、が存在することになるとき。 初期のアメリカの農家が作物を植えるときに、両方の計画に、これは有用であることが判明、ならびにそれらの地上の恵みを選択し、収穫するとき。

多くは、用語やフレーズ祖父クロックが最初にあるため、「大きな古時計」と題し作曲ヘンリークレイワークによって1876年に出てきたアメリカの歌のアメリカでのホールドを取るようになったことを認識していません。 私たちは、広く当社の1-800-4CLOCKS.comウェブサイトやブログにこの曲について書かれていますが、曲が大ヒットしたことを、ここで言えば十分、と正式に長いケースと背の高いケース時計として知られているこれらのタイムキーパーがし始めています祖父クロックと祖母時計と呼ばれます。 使用される他の用語は、フロアクロックホールクロックが含まれています。

興味深いことに、用語フロアクロックはその祖父のクロックと祖母クロックのハワード·ミラークロックでほぼ独占的に使用されます。 ハワード·ミラーは現在、ハワード·ミラーの祖父の時計のために、最大のハイエンド市場シェアだけでなく、多くの市場のキャッシュを持っています。 まだあなたはそれがハワード·ミラーフロアクロックを指すハワード·ミラー自身のウェブサイトに表示されます。

ハイエンドの祖父クロックの他の主要なメーカーはハームレ時計、リッジウェイ時計、1-800-4CLOCKS自身博物館時計、Kieninger時計、アメリカーナ時計などがあります。 興味深いことに、ハームレ時計、ドイツの会社は、右ここアメリカでは、バージニア州での最高の祖父クロックの一部を作るために開始しました。 ハワード·ミラーのとリッジウェイ時計の両方のほとんどがそうであるように私たちは、より多くの米国の祖父のクロックで作られたことを期待しています。

5月2日に今週の金曜日から始まる、祖父時計ウィークを祝い、記念する方法についての特別な提案ですか? 私たちは、もちろん、いくつかの特別販売を持っされます! 常に我々が持っている可能性のある価格設定の柔軟性についてお気軽にお電話。 そして、すべてのほとんどは、我々はそのように呼んで、電子メールまたは右今ここで私たちの祖父時計のブログにコメントを投稿すること自由に感じなさい、そこにすべてのクロック愛好家の考えを聞きたいです。

ハワード·ミラーおじいさんの時計保証

04.01.14

ハワード·ミラー®祖父クロック保証

Howard Miller Clocks

ハワード·ミラー時計

フロアクロック保証

この保証は、私たちのことを、私たちの約束とコミットメントである祖父のクロックと祖母クロックとフロアクロックは最高級の素材を使用して製造されており、完全に私たちの施設から出荷される前に検査されています。

ハワード·ミラーとリッジウェイフロアクロックはから自由になり、元の消費者または受信者に保証された欠陥製造 2年間の購入日から通常の使用において材料および製造上の条件とサービスを。

ファウンテンフロアクロックは1年の期間のための購入日から条件やサービスが、通常の使用下で材料および製造上の欠陥の製造から自由であるために元のコンシューマまたは受信者に保証されています。

この保証は含まれていません。製品または乱用に起因する部品の損傷、事故、改造、または気候/環境条件。 通常の損耗、誤用、または不正な修理による損傷。 天然木の木目の変化や光への老化や露出による表面仕上げの変化。 本保証に基づく同社の義務は、新製品またはコンポーネントに置き換えること、製品またはコンポーネントを修復するか、またはそのオプションに限定されるものとします。

レシートまたは最初の購入の他の同等の証明のコピーが保証サービスを得るために必要とされます。 一部の州では、除外または制限、偶発的または必然的な損害のまたは黙示の保証は、上記の制限または除外が適用されないことがありますので、持続時間の長さの制限を認めていません。 この保証は特定の法的権利を与え、あなたはまた、州ごとに異なる​​その他の権利を有していてもよいです。

貨物ダメージ

出荷のために私たちの製品を受け入れることによって、キャリアは、製品がファーストクラスの状態にあることを認めています。 出荷を受け入れるように署名する(または他の誰かがあなたに代わって署名する)ことで、出荷時の製品が同じファーストクラスの状態で受信されたことを認めます。 カートンを粉砕または他の方法で破損している場合、ドライバーは貨物法案の損傷に注意し、キャリアと、すぐに請求を提出するように指示。 あなたの保護のために、我々はあなたがビル·オブ·船荷証券に署名する前に、出荷時にすべての商品を検査することを示唆しています。 いつまたはいかなる損害、不足または例外に注目せずに代表兆候は、あなたが受け入れ、配信されるように、商品を所有しています。

隠さ貨物ダメージ

配信後に発見され破損するべきで、あなた(荷受人)は、検査を行い、被害の報告書を作成するために、キャリアを要求し、キャリアと書かれて隠さ損害請求を提出する責任があります。 これは、配達日の後14日以内、遅くともを行ってはいけません。 この主張を提出することが、私たちはプロセスのお手伝いをし、キャリアと満足のいく解決に達するにあなたの擁護者として機能し、あなたの責任です。

当社は、保証や黙示保証の不履行から生じる付随的または間接的損害に対する一切責任を負いません。 この商品についての黙示の保証は、本製品の(特定の目的に対する商品性または適合を含む)、明示的または黙示的ないかなる保証、あってはならない、唯一の上記の記載、その後の明示的な保証の期間に有効でなければなりません。
860イーストメインアベニュー、ゼーラント、MI 49464 PH 616.772.9131•FAX 616.772.1670 WWWはミラードットコムのハワード·ドット

ハワード·ミラークロックの礼儀

ダーフィー管状チャイムの祖父の時計

01.24.14

ウォルターダーフィー管状チャイム祖父のクロックは 、米国への管状の鐘時計とおじいさんの時計をもたらすの先駆者でした。 以下にこれらの素晴らしいウォルターダーフィー管状チャイムの祖父の時計についてだけでなく、交渉は、管状チャイムホールクロックとしてそれらを参照する初期の広告はあるが、それはまた、彼らは代わりに持っている特許取得済みのシステムのための公認ディーラーおよびエージェントを示しています。 また、以下、私たちは1900年頃からであった推定ウォルターダーフィー広告、テキスト、および実際の広告自体を見ることができます。 ホールクロックとしてこれらの祖父クロックと呼ば​​れる広告に注意してください。 また、一般的に言えば、祖母のクロックの場合には、筒状のチャイムクロック機構を収容するためには小さすぎるであろう。 5管を有するほとんどの機械時計管状チャイムのみウェストミンスターチャイムを再生し、9管を有する通常セントマイケルズチャイムとウィッティントンの鐘を含むトリプルチャイムを再生。

興味深いことに、今日管状チャイム祖父クロックはまだ提供されていますが、一般の人には比較的少数の人々、さらに多くの祖父時計の愛好家は、ほとんど、あるいはそれらについて何を知っています。 ハワード·ミラークロックは限定版には、最も高価な祖父クロックとしてJHミラーII管状チャイムおじいさんの時計モデル611から031または611031を提供し、すぐ下に示します:

ハワード·ミラーJHミラーIIのおじいさんの時計
リスト:$ 27,293.00
セール:$ 19,105.10

上記クロックは、モデル611から030または611030、管状のチャイムがなく、まだ同じ驚くべき限定版のケースで提供され、JHミラー祖父時計として知られています。 これらのクロックの両方が行の先頭であることを多くの人に考えられているハワード·ミラー大統領Editionの祖父の時計、より高価です。

ハワード·ミラー時計最も高価な壁時計は、非常に近代的または現代的な、オープンケースと管状チャイムで、ハワード·ミラーフォーカルポイントウォールクロックモデル622から779または622779と命名し、以下のとおりです。

ハワード·ミラーフォーカルポイントウォールクロック
リスト:$ 11,575.00
セール:$ 8,102.50

ハームレ時計はまた、管状チャイムの祖父の時計であり、これらのモデルを含むいくつかの祖父の時計を提供しています:

ハームレトリプル管状チャイムウスターおじいさんの時計
リスト:$ 8,097.00
セール:$ 5,263.05

ハームレトリプルチャイムエセックスおじいさんの時計
リスト:$ 18,379.00
セール:$ 11,946.35

ハームレフォアマンチェリー管状おじいさんの時計
リスト:$ 11,397.00
セール:$ 7,408.05

ハームレフォアマンウォルナット管状おじいさんの時計
リスト:$ 11,397.00
セール:$ 7,408.0

ハームレAnsteadウォルナット管状おじいさんの時計チェリー、オークウッドのモデルでも利用可能
リスト:$ 10,947.00
セール:$ 7,115.55

Kieninger祖父時計はまた、いくつかのハイエンドの両方の現代と伝統的な管状のチャイムの祖父クロックを提供しています。 1現代Kieninger時計管状チャイム時計の例は、モデル0126-02-01で、示されており、すぐ下に描かれます。

Kieningerエドワーズおじいさんの時計はまた来る真鍮、青銅現代の時計ケースです。
リスト:$ 24,130.00
セール:$ 16,891.00

これらの管状チャイムおじいさんの時計モデルの中には、スライの祖父時計とブローバ祖父時計によって提供された正確な祖父のクロックです。 また、リードタイムを変えることができ、新たな管状チャイム祖父クロックモデルを追加することができ、時には中止されています。 それは1-800-4CLOCKSまでお電話することは常に良い考えです(1-800-425-6257、内線1)あなたはこれらの偉大な管状チャイム祖父クロックのいずれかの1つを購入を考えている場合。 この瞬間、私たちは、ウォルター·ダーフィーアンティーク管状チャイム祖父のクロックまたは任意のHerschede管状チャイムの祖父·クロックのいずれかとしていません。 それは常に変更することができます。

HALL CLOCKS。 また、これは、許可されたエージェントを示すウォルターダーフィー管状チャイムの祖父時計の広告です。 実際の広告の写真は遠く下方にちょうど下のテキストです。

あなたが最後になります何かをしたいですか? 与えることができる最も美しい結婚式のプレゼントは、ドナー五十から百年のために話をするものです。

あなたは量を過ごし、美しい管状鳴る時計を購入するよりも、あなたのお金のためのより多くの満足を得ることはできますか? 管状チャイムは距離から大聖堂のチャイムのようなものです。 音が鐘によって生成され、響板に依存しないように、天候の変化は、それらに影響を与えません。

これらの管状鳴る時計は完全に特許証によって保護されており、購入者は、すべての鐘が私たちの名前がスタンプされていることを確認する必要があります。

彼らは私たちの正式代理店によって販売されている、と私たちの権利の侵害は、買い手や売り手のどちらかに重いロイヤリティの対象となります。

我々はすべての米国の権利を制御するようにチューブラー·ベルズでインポートクロックは、この侵害の下に来ます。

下記のエージェントのリストは、これらのクロックの優れた品質のために語っています。 各エージェントは、彼らがアプリケーションにメールで転送するすべての私たちのデザインの写真を持っています。

AGENTS:

セオドアB.スター、ニュー·ヨーク、ウッズ&Hosley、スプリングフィールド。

スポールディング&カンパニーシカゴ。 ティルデン、Thurber&カンパニープロビデンス。

ベイリー、銀行&ビドル、フィラデルフィア。 Boston. ヘンリー·A.ターナー &ゴー。 ボストン。

JAS。 Co. E.コールドウェル·アンド·カンパニー"ブラッドストリート 、Thurber·アンド· カンパニー ミネアポリス。

JC Groganの、ピッツバーグフランクHerschede、シンシナティ。

ライト、ケイ·アンド·カンパニー、デトロイト。 Jewelry Co. Kansas City. ジャカード·ウォッチ ジュエリー株式会社カンザスシティ。

カウエル&ハバード社クリーブランド。 Mermod&ジャカードジュエリー株式会社セントルイス。

ウォルターH.ダーフィー&CO。プロビデンス、ロードアイランド

Durfee Tubular Grandfather Clock

ウォルターダーフィー管状チャイムおじいさんの時計



ハームレ時計の歴史

12.30.13

ハームレ時計北米

ハームレ時計の歴史にようこそ。 ハームレ時計は祖父の時計、フロアクロック、記念時計、祖母の時計、壁時計、マントル時計、鳩時計とTelleriumsとAstrolabiums含む専門クロックを含めたすべての種類の美しい時計を、構築します。 機械的チャイム演奏クロックの動きだけでなく、石英操作運動は、一つのキーの専門です。

1977年には、ブルーリッジ山脈の美しい丘陵地帯に位置しハームレ黒い森の時計は、その最初の製造·出荷しました
上ハームレ機械的な動き米国の土 これは、時計産業の近代を進行するつもりだったかの始まりでした。 ハームレは既存のクロックケース品メーカーの多くを供給し、そのドイツの品質メカニズム引っ張りだこ。 ハームレ時計の顧客の多くはケース品の組み立てのノウハウの研修を受けました。 当然のことながら、1980年代初期に、ハームレ時計は、その後、私たちの生産ラインの定番となった、お客様のケースに私たちの動きを組み立てるように頼まれました。

2002年に、我々は含めハームレブランドの時計と時計小売業界に当社の扉を開いたハームレの祖父時計 、アマースト、バージニア州の工場で組み立て、とドイツの選択はハームレクロックを作られています。 私たちの工場に6拡張した後、ハ​​ームレは、クロックメカニズムだけでなく、世界のリーダーとしての当社の成長を続けたが、北米の小売店への代替おじいさんの時計、壁時計やマントルピースのクロック·ソースとして。

デザイン、形と機能における当社の革新時代を先取りハームレ時計を維持し、その細心の品質改善が行われてきました
ハームレ北米産業に好適なクロック·ソース。 ハームレ黒い森の時計は、将来への次のステップを示すために2011年1月にハームレ北米としてブランド名を変更しました。 ハームレ北米は世界の貿易に使用可能な最大ハームレとUrgos運動の選択を運ぶなど、すべて本物ハームレ製品のワンストップショップになります。 私たちの時計の動き、時計アクセサリー、時計部品、時計は広大なディーラーネットワークに北米に分布しています。 北米でハームレ時計を見つけるには、1-800-4CLOCKS.comにお問い合わせください(1-800-425-6257内線。1)。

ハームレ時計の歴史

1922年にハームレ時計創業者氏フランツハームレはバーデン=ヴュルテンベルク、ドイツ南部の黒い森地方の小さな町にGosheimに位置し、フランツハームレ時計会社を設立しました。

10年以内にハームレ時計は時計業界の時計の動きの中で最も効率的なメーカーの一つとして知られるようになりました。 20世紀の前半は第二次世界大戦後の工場の完全な解体を含めて、それを克服するために多くの困難をもたらしたにもかかわらず、他の企業が苦戦している間、フランツハームレとその息子たち "献身は彼らが繁栄することができました。

フランツハームレは1953年に亡くなったとその息子たちゲプハルト、アルフレッド、ハンスとハインリッヒハームレに近代的で豊かな動作を残しました。 驚異的な精神力とエネルギーで、彼らは機械式ムーブメントと時計製造の世界的リーダーに会社を構築するために続けました。

1977年に、ハームレはアマースト、バージニア州、アメリカの外に北米市場にサービスを提供するための別の製造設備、ハームレ黒い森の時計会社を設立することを決めました。 ドイツ南部ハームレの本部は、その第三世代で今も家族所有、運営しています。 ハームレは、ドイツと米国の両方で3箇所に200人以上を雇用しています。 2010年10月に、ハームレGosheimがありました
ハームレUhrenmanufacktur社として2011年1月のようにブランド名を変更、ハームレ黒い森の時計はハームレ北米としての地位をリブランドしていました。

バーデンヴュルテンベルク州ドイツのGosheimでフランツハームレ時計

祖父の時計はいくら

10.28.13

祖父クロックの買い物客やベテラン祖父クロックと祖母クロックの買い物客を問わず、小売業者によって、および同様に、インターネット上でそれらに提示選択肢の目まぐるしい配列によって混同されることがあります。 の価格新しい祖父のクロックは 200ドルからオーバー2万ドルドルの範囲とすることができます。 明らかに、広いがあるだけでなく、 選択肢の配列変動する価格ポイント内には、しかし、それらの価格ポイント間および価格の異なる範囲内での違い。 明らかに、買い物客の大半は時々所有者が明らかに彼らが何を言っているか知っているだろうし、実際にあれば助けることができるの祖父の時計店との取引によりサービス​​と信頼に大きな力を入れ、彼らができる最大の祖父クロックの割引を得るために探していると、ときと問題は、消費者やビジネスは、その祖父のクロックを受信した後に出てきます。 祖父セール缶のクロックと午前重要なクロック·購入を行う際に合理的に一つの重要な考慮事項であるべきであるが、そのような知識の豊富な販売員、真に、祖父の時計についてのとがった質問に良い答えを与えることができない人のようなその他の無形資産は、本物の保証を有する言及していますまた価値があるだけでなく、必要に応じてととして継続クロックリソースがあります知っています。

さらに近年では、低品質のものであり、まだ多くの場合、特にハイエンドの祖父時計のモデルのように見えるように設計された、非常に低品質の祖父クロックと祖母クロックの挑戦、時には「借用」の名前があ​​りましたそこに最高の祖父の時計会社によって行われた他のモデルの。 悲しいことに、文字通り大きな箱の小売業における最大かつ最もよく知られた名前のいくつかによってジャンクの作品と呼ばれ、販売することができるか、これらの売り手の一部。 一人で昨年、我々はこれらの祖父クロックを購入された方からの助けを求めて問い合わせに数百を受けており、ボックスが開き、されているためだけでなく、彼らはほとんどすべてのケース(でこれらの主要な小売業者にクロックを戻すことはできませんアイテムは)展開しますが、基本的に離れて彼らのお金を投げてきたこれらのクロック·購入者に有益なものを得られますメーカーや輸入業者の連絡先情報や電話番号は、頻繁にもありません。 彼らは、モデル名のGoogle検索を行うと、名前が頻繁にハイエンドメーカーの名でてきたので、彼らは検索エンジンの検索結果で私たちの連絡先情報を参照してください。 我々は、彼らが小売業者がこれらの場合に迷惑を取り戻す主張を示唆している以外は、彼らを助けるためにできることはほとんどありません。

だから、誰が1を費やすしたいどのくらい知っていない場合であっても、最高の小売業者であり、もう1つは考慮すべきである祖父の時計メーカーです。 良いニュースのワンピースは、すべての尊敬と良い優れた品質のメーカーは家族によって家宝1日とみなされる可能性があり、良質の祖父時計の投資について深刻である誰かのための任意の予算に合わせて、価格の点を持っているということです。 別に、回転ムーンフェイズダイヤルまたは照らさキャビネットや点灯祖父クロックとしておじいさんの時計はチャイム、そのようなチャイム無音オプションと自動夜間のシャットオフなどの機能、添えものの音と品質の重要性から、ダイヤル、1にも愛され、賞賛し、多くの世代のために大事にすることができる家具の重要な部分として家宝おじいさんの時計を検討する必要があります。

1が開始するには良い方法だろう全体の祖父クロックの品質と技量のための最高の評判で最もよく知られているブランドに期待して、祖父のクロックについて少し知っている場合、一般的に言えば、。 これらは、ハワード·ミラーの祖父時計、ハームレ祖父時計、リッジウェイの祖父時計コレクション、Kieningerの祖父の時計といくつかのいくつかの他のようなブランドを含むであろう。 そこに良いブランド名は、もはや祖父の時計をしないことをそこにもありますが、一つは1-800-4CLOCKS「博物館祖父時計、スライ祖父時計、セストーマス祖父時計とブローバ祖父の時計を含め、それらに出くわすことがあります。

The grandfather clock case will be one major component of the cost, based on the wood or sometimes metalwork involved and how much there is, its quality, and to what extent there are special elements like carvings or inlay.

The grandfather clock or grandmother clock movement is also critical, including whether it is cable-driven, chain-driven, tubular chime, spring-driven or quartz-driven. This is a subject we have written about extensively in our clocks blogs, and we are also always available to discuss purchase options with serious grandfather clock shoppers, even if they are in their earlier stages of learning and shopping. Which and how many grandfather clock chimes is another variable, and assuming they are on of the high-end mechanical movement makers, which nowadays includes mostly all Hermle Clocks and Kieninger Clocks grandfather clock movements. The chime is another element, with most of the basic clocks having one or more of Westminster Chimes, Whittington Chime, St Michaels Chime, Ode to Joy grandfather clock chime, bim bam chime, and the Ave Maria grandfather clocks chime.

Special features like rotating moon face dials, automatic nighttime shutoff, chime-silence option, illuminated dials, lit cabinets, and time capsules can all add to the desirability and price tag of any individual grandfather clock.

Perhaps one of the biggest takeaways, especially when purchasing a grandfather clock, is not to assume because 2 different clocks may look alike and each have the Westminster Chime, NEVER ASSUME they are comparable quality clocks in any way, whether they are brand new or vintage or even antique grandfather clocks. If not careful and armed with some grandfather clock knowledge and knowing where to get the answers to other questions, one might end up with a very expensive piece of junk.

How Much are Grandfather Clocks?

How Much are Grandfather Clocks?

の管理者によって投稿10.28.13 1:39 @ |コメントオフ

Ohio Grandfather Clock

10.15.13

On the second floor of the Capitol Building stands a grandfather clock that had garnered a lot of attention in the news about the Countdown to a potential Government Financial default and counting up of the days since the Federal Government has shut down and “non-essential” workers remain at home. During this Debt Ceiling Limit and Government Budget showdown, the so-called Ohio Grandfather Clock made by Thomas Voigt actually stopped running, and that was a euphemism to many that our Government was indeed broken. The Senate purchased the clock in 1815 from Thomas Voigt. The rumor is that the clock was meant to celebrate Ohio joining the Country because the clock has 17 stars and Ohio was the 17th state to join. However, there is no proof that the rumor is true and the clock was ordered 12 years later when there were 18 states in the Union. The big, wide Senate hall just outside the back of the Senate Chamber , on the second floor of the Capitol, attracts dozens of reporters every Tuesday around lunchtime.

Democrats meet privately in a room on the far right (as one walks away from the president's room) while Republicans meet around the corner. Arrive around 12:30 pm to get senators as they go in, then leave around 1:15 pm Come back at 1:45 and get 'em as they go out.

The more in-demand senators will go to special microphones to the right of the clock around 2:15. Be sure to bring a tape recorder.

The Ohio Clock, standing in what is now known in the Capitol as the Ohio Clock Corridor, is an imposing grandfather's clock opposite the main doors of the chamber, is often cited as a place to meet sources — easy to find, easy to remember.

Thomas Voigt 1815 Grandfather Clock on Second Floor of US Capitol outside Senate Chambers in Ohio Corridor

The government shutdown was ironic from the moment it began — It all happened over the health care law, which started registration the moment the government shut down at midnight on Oct. 1.

Over the days since, the United States has witnessed a variety of strange consequences. Here is sa look at the weirdest effects of the shutdown, from a panda cam going dark to the hands on a historic Senate clock frozen in place to bored Congressional workers.

Clock hands 'frozen' in place
Credit: US Senate

The hands of the Senate's historic Ohio Clock are frozen at 12:14, according to NBC News. The curators tasked to wind the 11-foot-tall (3.4 meters) clock have been furloughed, last winding the clock on Sept. 30.

Despite its name and the shield with 17 stars on the front of it, the clock is not meant to celebrate the 17th state Ohio's statehood, according to the US Senate. In 1815, Sen. David Daggett of Connecticut ordered the clock from clockmaker Thomas Voigt. Though Sen. Daggett gave fairly detailed instructions about the clock's appearance, he didn't mention anything about it commemorating Ohio or how many stars should be placed on the shield.

“The dial to be about two feet in diameter, an hour, minute and second hand, a Spread Eagle on the top and the United States arms at foot. We wish it good and handsome and expect to pay accordingly,” read the order for the clock, according to the US Senate website.

posted by admin on 10.09.13 @ 4:01 am | Comments Off

Grandfather Clocks History Past-Present

10.07.13

Some grandfather clock history and clocks history never gets old. Just look at the stories of Simon Willard, Aaron Willard and Benjamin Willard. An article written in 1936 is still as informative and interesting to a clocks historian as one written today. Grandfather Clocks enthusiasts are sure to minimally find this interesting.

Richmond Times-Dispatch
May 24, 1936

Grandfather Clocks , Some Genuine Old-Timers Still Tick Off Hours or Chime Timely Melodies, Proof of Care Their Makers Used

Many things had been discussed by the little group seated behind the plate glass window of a Franklin Street store. And that isn't exactly true either. Many things had been broached, but the discussion was almost wholly a monologue by the host, a veteran of many a trek into the hinterlands of the antique country and a recognized authority on early American antiques. Now and then a listening member would throw a few words into the conversation, more to keep the oratory flowing than for any factual use, until at last someone uttered those well-worn last words: “What time is it getting to be?”

Subconsciously glances were directed toward the tall dominating grandfather clock against the far wall. Then they fell back to modern wrist-watches and there was a concerted start–for watch and clock pointed to the same hour. No one mentioned it, but there was a subtle sort of mental agreement that it was all “just a coincidence.” But it wasn't. That old grandfather's clock was still keeping time, and correct time. “How come?” I lingered to question the antique dealer. And thereby came this tale, a story of famous old American clocks and clockmakers. It seems that– when Simon Willard was 13 years old he made his first “grandfather” clock. When he was 82 he made the large clock in the Capitol at Washington. He was born in 1753, lived to be 95 years old, and left behind him some of the best and most beautiful clocks that have ever been made.

Simon Willard had no grand ideas about organization, sales promotion and production. He did all his work in the space of four rooms. It is good to think that Simon's clocks, which were made by hand and with infinite care and solicitude, command a higher price today than those made by Aaron Willard, his brother, who opened up a factory and turned out watches and clocks by the hundreds.

Side by side in a Richmond, Virginia antique shop may be seen a grandfather clock made by Simon Willard and one by Aaron Willard. To the connoisseur with blood in his eye the clock made by Simon is much the finer. To the casual onlooker both the clocks are rare examples of early American grandfather (or long case) clocks.

A Simon Willard “Grandfather” clock (left), which is still in first-class condition. The case is very handsome with its curved fretwork on top. Phases of the moon and the days of the month are both given. Simon Willard made his first Grandfather clock at the age of 13.
A Simon Willard shelf clock (right). The Willards' called these clocks, which were made as early as 1784, timepieces, because they did not strike. The works are made of brass.

Benjamin Willard, who started making clocks in 1764, was the father of Aaron and Simon, and the first of this famous Massachusetts family to engage in clock-making. In the Boston Gazette for February 22, 1771, he advertised, “Musical clocks playing different tunes, a new tune every day in the week, and on Sunday a Psalm tune. These tunes perform every hour.”

Reliable Clocks Kept Puritan Sabbath

And such is the reliability of a Willard clock that there is no single record of a Puritan Sabbath being violated by week-day tunes. Likewise, the beauty and workmanship which went into the clock cases of Simon Willard is not the only reason these clocks bring good prices wherever antiques are sold: The clocks run and they keep good time.

Simon Willard was an inventor of genius, but that did not keep him from being a thrifty American. He thought that clocks ought to be good and that they ought to be cheap enough for an American to own one, and at the same time have money enough left for a house to put it in. He advertised little, relying on his clock papers (and his clocks) to put across his ideas. One of these clock papers tells his story:

A Simon Willard 'Grandfather' clock (left), which is still in first-class condition. The case very handsome with its curved fretwork on top. Phases of moon and days month are both given. Simon Willard made his first at age 13. A shelf (right). Willard called these clocks, were as early 1784, timepieces, because they did not strike. The works were brass.

“Simon Willard, at his Clock Dial in Roxbury Street, manufactures every kind of clock work, such as large clocks for steeples, made in the best manner. Clocks that will run one year without winding up, with very elegant cases, price 100 dollars. Elegant daytime pieces, price 30 dollars. Timepieces which run 30 hours and warranted, price 10 dollars. Chime clocks that will play six tunes, price 120 dollars. Gentlemen who wish to purchase any kind of clocks are invited to call at said Willard's Clock Manufacture, where they will receive satisfactory evidence that it is much cheaper to purchase new than old and second-hand clocks. He warrants all his work–and as he is ambitious to give satisfaction–he doubts not of receiving public approbation and patronage.”

Willard Originated the “Banjo” Clock

Although Simon Willard knew the worth of his clocks, it is doubtful if he dreamed of the approbation and patronage they would receive less than a hundred years after his death. He set out to make serviceable clocks that thrifty Americans could buy with a clear conscience. What would he say if he could happen in today on some sale of rare antique clocks and see his paragons of thrift and mechanical perfection sold for prices for four figures? And the purchasers, descendants, perhaps, of those thrifty New England customers of his, glad to get them at that price and paying for them with a smile?

Aaron Willard turned out his clocks by the hundred. The clock at right is mahogany with inlay. The other clock is by Nathaniel Edwards of Acton, Mass.

In 1802 Willard brought out his patent timepiece, which was later called the banjo clock. It was a prodigious success. No improvement has since been made on the original design. The story goes that such accuracy did Willard have in his hand and eye that he habitually filed the teeth of his cogwheels without marking them; and that when someone asked him why he didn't stamp his brass with markers, he replied that it was unnecessary–his wheels were accurate. And Simon Willard was right! One proud owner of a Willard order clock says that it has run within 30 seconds of accuracy for a month.

Simon Willard died during the turbulent year of 1848. He had retired from business in 1839 and sold his tools and the good will of the business (together with the privilege of putting the name Simon Willard on the dials) to Elnathan Taber, his best apprentice. Simon Willard Jr. took these clocks and sold them at his shop in Boston.

It was this son, Simon Jr., who made the astronomical clock now in the observatory of Harvard University. His astronomical regulator was standard time for all railroads in New England.

Since the first grandfather clock appeared in England in 1681, clockmakers in this country and abroad have given them thought and consideration, so that now, when the antique hunter goes clock hunting, there is every style, every wood and every price at his disposal for this useful and beautiful ornament.

posted by Daily AD on 06.07.13 @ 10:00 am | Comments Off

Page 1 of 10 1 2 3 4 5 ... 10 ... Last »